1. ホーム
  2. スポーツ
  3. サニブラウン「夢の9秒台」へと導くスパルタ母の“神人脈”

女性自身
サニブラウン「夢の9秒台」へと導くスパルタ母の“神人脈”

スポーツ 神奈川新聞  2017年07月07日 10:46

サニブラウン「夢の9秒台」へと導くスパルタ母の“神人脈”(写真:女性自身)
サニブラウン「夢の9秒台」へと導くスパルタ母の“神人脈”(写真:女性自身)

 6月24日~25日の陸上日本選手権で男子100mと200mの二冠を達成し、一躍陸上界の主役に躍り出たサニブラウン・ハキーム(18)。雨の中のレースで10秒05を記録し、日本人初の100m9秒台へ期待も高まる。

 ガーナ人の父譲りの、187cmの体躯を活かした走りが持ち味のサニブラウン。しかし彼を成長させた一番の立役者は、母・明子さんだという。城西中・高陸上部でサニブラウンを6年間指導した、山村貴彦監督が語る。

 「彼の生活や食事については、お母さんが全面的に面倒を見てきました。栄養士さんを学校に呼んで、父兄向けに食事の指導をしていたのですが、お母さんは熱心に参加していました。あのお母さんなくして今のハキームはないです」(山村監督)

 実は明子さん自身も、福岡・宗像高校時代に100m走と110mハードルでインターハイに出場したスプリンター。母校の恩師もこう語る。

 「高校時代から喜怒哀楽のはっきりした子でね。応援席で本人より目立っているのも、彼女の熱血さゆえです。サッカー少年だった息子に陸上を勧めたのも、米国留学を後押ししたのも彼女だとか。どこまでも息子の可能性を信じているんでしょう」

 前出の山村監督も言う。

 「ハキームはフロリダ大学への進学が決まっていますが、国内以上の練習環境を、というお母さんの強い希望で決まったようです。三段跳びで2大会連続五輪金メダルのクリスチャン・テイラーなど、五輪選手を多数輩出している大学ですからね」

 米国の大学は9月開始。それまでサニブラウンはオランダのクラブで練習する。

 「そのクラブで練習しているクリスチャン・テイラーに、お母さんが自分でコンタクトを取り、紹介してもらったのです。すごい人脈と行動力ですよ」(山村監督)

 8月に出場する世界陸上ロンドンで、100m9秒台、そして世界の頂点を狙うサニブラウン。その夢へのカギを握る、熱血ママにも注目だ。【女性自身】

「カナロコ」は、読者に幅広いコンテンツを提供するため女性週刊誌「女性自身」との提携を開始しました。女性誌の視点からみた政治や経済。関心が高い教育、そしてグルメ、芸能まで多岐にわたり情報を配信していきます。

【関連記事】
サニブラウン“モーレツママ”から受け継いだ強靭精神
陸上100M山縣亮太の恩師が心がけた「尊敬される生活指導」
ケンブリッジ飛鳥育てた綾戸智恵似母 中学時代から五輪を視野
「家族のアイドルです」陸上鈴木 母の“褒めまくり”教育
「世界最強の競技者に」リオ競歩7位・松永が東洋大卒業


シェアする