1. ホーム
  2. 話題
  3. コスタリカの歩みから平和の尊さ考える 秦野でフォーラム

コスタリカの歩みから平和の尊さ考える 秦野でフォーラム

話題 神奈川新聞  2019年03月08日 05:00

 平和の尊さを考える「第44回平和を考えるフォーラム」が9日、本町公民館(秦野市入船町)で開かれる。中米コスタリカの研究家、足立力也さんを講師に招き、軍隊を放棄した同国の取り組みを語ってもらう。市民グループ「はだの・平和都市宣言につどう会」と同市の主催。

 コスタリカは1948~49年にかけて軍隊を廃止、軍事予算を教育や医療などの社会福祉に充てている。足立さんは99年から同国に2年間滞在、平和問題や外交問題に関する講演と執筆活動などに取り組んでいる。当日は、同国の歩みを中心に約1時間半講演。約30分の質疑応答の時間も設ける。

 はだの・平和都市宣言につどう会の担当者は「講演を通してコスタリカの人たちの平和観を知り、平和について考えてもらいたい」と来場を呼び掛けている。

 午後1時半開演で、先着40人。入場無料。申し込み(平日のみ)は、同市市民活動支援課電話0463(82)5118。


シェアする