1. ホーム
  2. 話題
  3. 在宅療養、寸劇で不安解消を 9日に磯子で啓発講座

在宅療養、寸劇で不安解消を 9日に磯子で啓発講座

話題 神奈川新聞  2019年03月07日 11:55

 横浜市磯子区内の医師ら専門職で構成する多職種連携会議「レインボーネットワーク磯子」による在宅療養の啓発講座が9日、同区の杉田劇場で開かれる。講演や寸劇を通じて住み慣れた地域で過ごすことの大切さを考える。

 在宅療養全般についての講演。医師や訪問看護師、ケアマネージャーらがオリジナルの寸劇「お願いだよ。最後まで家にいたいよ」でそれぞれの業務を演じる。

 同会議は、在宅療養を普及しようと昨年9月に発足。同区医師会長の山高民樹さんは「寸劇を通じて在宅療養生活が多くの専門職に支えられていることを知ることで、不安を解消するきっかけにしてもらえれば」と来場を呼び掛けている。

 午後2時~4時(開場1時半)。先着250人で定員になり次第、入場締め切り。事前予約なし。問い合わせは、同区高齢・障害支援課電話045(750)2417。


シェアする