1. ホーム
  2. 旬漢
  3. 「時がたっても輝く音楽」 YMO結成40年

高野寛「魅力を再確認して」
「時がたっても輝く音楽」 YMO結成40年

旬漢 神奈川新聞  2019年03月07日 11:04

 日本音楽界を揺るがしたグループ、イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)が結成40年を迎えた。1980年代初頭に社会現象を巻き起こした魔術師たちの節目を祝うべく、14日夜に「イエロー・マジック・チルドレン~40年後のYMOの遺伝子」と題したライブが東京・新宿文化センターである。ライブを企画し、出演もするシンガー・ソングライターの高野寛(54)に魅力を聞いた。


YMO結成40年について語る高野寛
YMO結成40年について語る高野寛

 YMOは、ベースの細野晴臣(71)をリーダーに、キーボードの坂本龍一(67)、ドラム・ボーカルの高橋幸宏(66)の3人で、1978年2月に結成。翌79年8月に米ロサンゼルスであったロックバンド「チューブス」のライブに前座で出演して成功を収め、日本に逆輸入される形で認知を広げた。

 同9月に発売した2作目のアルバム「ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー」は、売り上げ100万枚を突破する大ヒットに。電子楽器を使ったテクノポップで音楽界に新しい風を吹き込み、そのブームの火付け役ともなった。

 YMOの斬新なサウンドのとりことなり、その後、音楽やファッション、アートなどの分野で根を張っている「イエロー・マジック・チルドレン」と呼ばれる人々は少なくない。メンバーの高橋のプロデュースを受け、88年にデビューした高野もその一人だ。

 当時、中学生だった高野は、マンガでYMOの存在を知った。世界初進出を遂げた米ニューヨークのライブの音源は「ラジオ放送されたものをカセットテープに録音して、繰り返し聴いていた」と振り返る。

 「曲は知っていても、動く3人を見たことはなかった」という高野にとって、初めての出会いは高校に入学する年の春休み。出身である静岡のレコード店の店頭で流れていたライブ映像にくぎ付けになったことを覚えている。

 すぐにアルバム「ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー」を購入。コンピューターやシンセサイザーを駆使した1曲目、YMO代表曲の一つである「テクノポリス」を聞くと、見たことがない未来の都市へといざなわれたという。

 「部屋の景色が違って見えた。それまで聴いたどの音楽とも違う。強烈な違和感に引き込まれた」

 バンドを組むなど音楽に打ち込んでいた当時、持っていたアコースティックギターやベースで、「YMOの曲に近づくことができないか」と試行錯誤したことを懐かしむ。電子ドラムを自作するなど「工夫する楽しさを通じ、音楽にのめり込んでいった」と語る。

■■■


日本レコード史上2番目のミリオンアルバムとなった「ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー」
日本レコード史上2番目のミリオンアルバムとなった「ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー」

 大阪芸大在学中に、高橋が審査員を務めたオーディションに合格し、シングル「シー・ユー・アゲイン」でデビュー。プロとして活動してきた30年間では、坂本や細野のツアーに帯同、また坂本のプロデュースを受けるなど「親も同然のような関係」と感謝する。

 「3人それぞれと仕事をするときは、リラックスしているけれど、3人が集まったときの緊張感と威圧感がすごい。ものづくりに対しての集中力と、音に対する厳しさは、他の誰とも違う説得力がある」

 結成やデビューなど、節目の年には、多くのアーティストが、ベスト盤の発売や、大規模なツアーを組むなどするが、YMOにはそれがない。

 「40年ですよって言ったら、『あっ、そうなの?』と、人ごとのように言うと思う。それは3人がこれからも現役で表現を続けていく、辞めようと思っていないから」。高野はそう話して苦笑いする。

 「でも子どもは親の節目を祝いたいものでしょう」。そう考え、企画したのが、14日に都内で開くライブだ。ステージではYMOのカバーのほか、YMOに影響を受け生まれた曲を披露する。自身がイエロー・マジック・チルドレン・バンドとして出演するほか、ゲストとして坂本の実娘である美雨のほか、元ザ・ブームの宮沢和史や元ピチカート・ファイヴの野宮真貴、シンガー・ソングライターのカジヒデキらが招かれる予定だ。

 ライブ当日にバンドを組む、坂本と同じ東京芸大出身でキーボードの網守将平(29)に、高野はこれからのシーンをけん引する才能を見ている。

 その作品から「90年代の、坂本さんの音楽の雰囲気を感じる」と評価する高野は、網守をライブに抜てき。坂本から「網守くんは歌わずに現代音楽をやるべき」と言われた網守が「『坂本さんだって(過去に)歌っていたじゃないですか』と言い返した気骨さも好き」と目を細める。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする