1. ホーム
  2. 照明灯
  3. 「絶滅」を考える

照明灯
「絶滅」を考える

照明灯 神奈川新聞  2019年03月06日 09:39

きょうは二十四節気の「啓蟄(けいちつ)」である。「啓」は開く、「蟄」は土中で冬ごもりしている虫のこと。春の到来を感じた虫が這(は)いだしてくるという意味だが、虫に限らず、ヘビやカエルはもちろん人間も外出を計画したくなる時季だ▼県立城ケ島公園(三浦市)をはじめ、県内の松の名所で啓蟄の前後に行われる「...

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする