1. ホーム
  2. 選挙
  3. 旭区「立民、国民が激突」 港南区「定数減で3人争う」

戦いの構図2019・県議選(2)
旭区「立民、国民が激突」 港南区「定数減で3人争う」

選挙 神奈川新聞  2019年03月06日 05:00

県議選各選挙区の状況
県議選各選挙区の状況

◇横浜市

無投票の可能性も【南区】

 2議席を巡り、自民、立民の現職が出馬を表明。ほかに立候補を模索する動きがあるが、無投票の可能性も残る。

 自民・新堀は、信号機設置や道路の安全対策の実績、商店街活性化などを掲げ2期目を狙う。

 立民・岸部は、元教諭の経歴を生かして子どもの支援に目を配る一方、急傾斜地対策などに取り組む。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする