1. ホーム
  2. 話題
  3. 街づくりの過程振り返る 季刊誌「横濱」が港北NT特集

街づくりの過程振り返る 季刊誌「横濱」が港北NT特集

話題 神奈川新聞  2019年02月25日 02:00

季刊誌「横濱」。特集は「港北ニュータウン」
季刊誌「横濱」。特集は「港北ニュータウン」

 最新号の季刊誌「横濱」の特集は港北ニュータウン。1965年に「横浜市六大事業」の一つとして発表され、日本住宅公団(現・都市再生機構)が区画整理事業を実施。83年から大規模集合住宅への入居が始まり、今も街づくりが進んでいる。

 本誌では、67年からニュータウン開発に携わった同公団の当時現場責任者が、住民参加の街づくりが進んだ過程を振り返る。

 市営地下鉄のセンター北、センター南、中川、北山田、仲町台の各駅周辺の見どころをお勧めの飲食店とともに紹介。整備された広大な農地で栽培されている地場野菜の魅力にも触れる。

 市営地下鉄の新横浜-あざみ野間の延伸開業(93年3月)を控えた試乗会の一場面や廃止となったバス路線跡をたどるコーナーも。長期連載「商店街は面白い」では“仲町台ららら商店街”、「仲町台商業振興会」を掲載している。

 問い合わせは、神奈川新聞社電話045(227)0850。


シェアする