1. ホーム
  2. 話題
  3. AI実装、考え方が重要 財部さんが講演、TOPセミナー

AI実装、考え方が重要 財部さんが講演、TOPセミナー

話題 神奈川新聞  2019年03月05日 05:00

AIとこれからの企業経営について語る財部さん=横浜市中区
AIとこれからの企業経営について語る財部さん=横浜市中区

 「第10回神奈川TOPセミナー」が4日、ホテルニューグランド(横浜市中区)で開かれた。経済ジャーナリストの財部(たからべ)誠一さんが「AI時代を勝ち残る企業の条件」と題して講演。「AI(人工知能)という言葉に惑わされず、それぞれの本業で、現実に根差したリアルなイノベーションを起こすことが大切」と呼び掛けた。

 財部さんは以前に日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告にインタビューをした経験を踏まえ、今回、ゴーン被告が会社法違反(特別背任)の罪などで起訴された背景を読み解いた。

 また、老舗和菓子店「虎屋」やトヨタ自動車の取り組みに触れ、「AIを考えるには時間軸が問題。何年先に実現するか分からないものもある。リアルなものはリアルで解決。AIを実装する考え方が重要」と述べた。

 また後半はJリーグチェアマンの村井満さんが「スポーツ経営現場の組織と人のマネジメント」をテーマに講演した。

 同セミナーは、県内に拠点を置く企業の経営者向け講演会と経営者間の交流の場で、富士ゼロックス神奈川と神奈川政経懇話会が共催。約250人が出席した。


シェアする