1. ホーム
  2. 話題
  3. ダンスや歌で母国を紹介 横浜で外国人らが交流イベント

ダンスや歌で母国を紹介 横浜で外国人らが交流イベント

話題 神奈川新聞  2019年03月05日 00:41

ジョージアのダンスを披露するグループ=港南国際交流ラウンジ
ジョージアのダンスを披露するグループ=港南国際交流ラウンジ

 横浜市内で暮らす外国人らが3日、市港南国際交流ラウンジ(同市港南区)で、母国のダンスや歌を披露したり、郷土料理を振る舞ったりして地域の人々をもてなした。

 中国、台湾、フィリピン、ルーマニアなど15の国と地域の約130人が集まった。普段は日本語の学習でこのラウンジを利用しており、母国の文化も紹介したいと企画した。

 ロシア人のクラスノロジキナ・ナタリアさん(41)は民族衣装で着飾り、スラブ地域に伝わるダンスを仲間と踊った。「伝統文化を知ってもらえて幸せ」と話した。

 ポーランドのギョーザや韓国のトッポギなど、郷土料理も並んだ。同市磯子区の衛藤栄津子さん(76)は「それぞれの味覚に特徴があって面白い」と味わっていた。

 日本語によるスピーチや外国語のレッスンもあった。ラウンジを運営するNPO法人横浜港南国際交流の会が主催した。


シェアする