1. ホーム
  2. 政治行政
  3. ふるさと納税、アイデアで返礼

19川崎市予算案(中)
ふるさと納税、アイデアで返礼

政治行政 神奈川新聞  2019年03月05日 05:00

 川崎市は2019年度、前年比で158億円の税収増を見込む。一見すると堅調だが、本来であれば伸び幅はもっと期待できるはずだった。

 「ふるさと納税や地方法人税の国税化の影響で約90億円も減収する一方、(減債基金から)115億円の新規借り入れをしなければならない。他の自治体では類を見ない状況だ」

 19年度当初予算案の発表会見で語気を強めた福田紀彦市長。税収の大幅流出を“借金”で穴埋めせざるを得ない構図に怒りをにじませ、「国に地方財政制度の改善を要望し続ける」と述べた。ただ、従来は怒りと嘆きで終わる言葉には今回、続きがあった。

 「国への要望の半面、市も自助努力しなければならない。過度な返礼品競争に積極的に参加するつもりはないが、なるほどと納得してもらえるメニューを用意したい」
 奪われるばかりの同納税で、反転攻勢に打って出る構えを鮮明にした。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする