1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 葉山町新年度予算、計上漏れで再提出 一般会計を修正

葉山町新年度予算、計上漏れで再提出 一般会計を修正

政治行政 神奈川新聞  2019年02月22日 21:00

葉山町役場
葉山町役場

 葉山町は22日、町議会第1回定例会に提出した2019年度一般会計当初予算案を撤回し、修正して再提出した。歳入と歳出にそれぞれ計上していなかった収入と支出があったため。これにより、定例会での予算特別委員会の日程が2日間、追加された。

 町財政課によると、誤りがあったのは、町が10月から実施する、住民票や証明書などをコンビニで交付する事業の歳入と歳出。町民がコンビニで支払う料金と、町がコンビニに払う手数料の両方を記載すべきところを、相殺した金額を載せていた。

 同日に急きょ開かれた町議会の本会議で、町側は歳入と歳出をそれぞれ2万8千円増額した予算案を再提出した。山梨崇仁町長は「早急に経緯を明らかにし、二度と起きないよう今後の対策を検討し、改めて報告したい」と述べ、陳謝した。


シェアする