1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 「挑戦に意味がある」 横浜でデフリンピックフェス

「挑戦に意味がある」 横浜でデフリンピックフェス

スポーツ 神奈川新聞  2019年03月03日 05:00

会場とともに手話で「デフリンピック」を表現する早瀬さん(左)、井上さん(中央)、乙武さん =横浜市西区
会場とともに手話で「デフリンピック」を表現する早瀬さん(左)、井上さん(中央)、乙武さん =横浜市西区

 聴覚障害者スポーツの国際大会「デフリンピック」の魅力を伝える「デフリンピック・フェスティバル」が2日、新都市ホール(横浜市西区)で開かれた。デフリンピックのメダリストらが、世界最高峰の舞台に懸ける思いを披露した。全日本ろうあ連盟の主催。

 デフリンピックは聴覚障害者のオリンピックとして、夏季と冬季の大会がそれぞれ4年に1度開かれている。フェスティバルは多くの人に大会を知ってもらい、素晴らしさを伝えようと初めて開催された。

 会場では、柔道男子日本代表監督で、2000年のシドニー五輪100キロ級で優勝した井上康生さんと、13、17年のデフリンピック自転車競技日本代表で、2大会連続で銅メダルを獲得した早瀬久美さん、文筆家の乙武洋匡さんによるトークショーが行われた。

 早瀬さんは、初めてのメダル獲得を「『運もスポーツのうち』と言われ、もやもやした気持ちがあった」と振り返り、「次は実力で取ると決めて努力し、それを出せた」と手話で話した。井上さんは「勝ち続けることは難しいが、挑戦することに意味がある。勝負の世界には運もあるので、日ごろの練習や生活から、運が味方をしてくれるような生き方をしないといけない」と語った。

 また、早瀬さんの講演や県立横浜南陵高校社会福祉部による手話劇なども行われた。


シェアする