1. ホーム
  2. 話題
  3. 深瀬家長屋門を市重要歴史記念物に指定 川崎市教委

深瀬家長屋門を市重要歴史記念物に指定 川崎市教委

話題 神奈川新聞  2017年07月04日 02:00

川崎市重要歴史記念物に指定された深瀬家長屋門(市教委提供)
川崎市重要歴史記念物に指定された深瀬家長屋門(市教委提供)

 川崎市教育委員会は3日、同市幸区南加瀬3丁目の深瀬家長屋門を市重要歴史記念物に指定した、と発表した。112番目の指定で市内の長屋門では、中原区の安藤家長屋門に続き2番目。

 深瀬家長屋門は、江戸時代の18世紀末から19世紀前半頃に建てられたと推定される、寄せ棟造りの木造平屋。幅約15・6メートル、奥行き3・7メートル、高さ5・4メートルで、門の両脇部は、物置や門番の部屋として使われていたとみられる。同家は江戸時代初期までさかのぼる旧家で、江戸時代には名主を務めていたという。

 門は、もともとかやぶき屋根だったが、1987年に改修工事を行った際、瓦ぶきになった。「当初の部材と構造形式をよくとどめ、市内に建築された近世名主住宅の長屋門実態を伝える建築として貴重な存在」として6月30日の教育委員会(非公開)で指定された。市教委文化財課は今後、市民を対象に見学会の開催などを行うという。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 【写真特集】台風15号の被害状況

  2. 【台風15号】護岸崩壊、工場に海水 数百社被災か、横浜

  3. 【台風15号】停電続いた鎌倉で支援広がる 銭湯、無料も

  4. 【台風15号】浸水の工業団地、被災750棟か 横浜

  5. JR東海道線大磯駅で男性はねられ重体 1500人に影響

  6. 動画 【台風15号】陸上自衛隊が倒木撤去、鎌倉

  7. 【台風15号】県内の建物被害、15市町村に

  8. 今季初、インフルエンザで学級閉鎖 川崎の市立小学校

  9. 【台風15号】横浜港にも爪痕 浮きドックやシーバス漂流

  10. 160人のわいせつ画像撮影、提供か 動画販売業の男逮捕