1. ホーム
  2. 事件事故
  3. 大麻リキッド密輸容疑 容器230本を国際郵便で輸入

大麻リキッド密輸容疑 容器230本を国際郵便で輸入

事件事故 神奈川新聞  2019年02月22日 21:15

v
大麻リキッドが入っていた容器(左手前)。電子たばこのように加熱して吸引するとみられる=横浜税関

 大麻成分が入った液体「大麻リキッド」約211グラムを密輸しようとしたとして、横浜税関は22日までに、関税法違反(輸入未遂)の疑いで、千葉県成田市、飲食店運営会社代表社員の男(30)を横浜地検に告発した。同税関による大麻リキッドの押収量としては過去最大という。

 告発容疑は、氏名不詳者と共謀して昨年6月6日~7月8日、筒状の容器230本に入れた大麻リキッドを音楽製品の箱に入れ、3回にわたり米国から国際郵便で輸入しようとした、としている。

 同税関川崎外郵出張所の職員が発見した。同容疑者は1月と2月、大麻リキッドを営利目的で密輸したとして、大麻取締法違反容疑で2回逮捕されていた。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする