1. ホーム
  2. 話題
  3. 困窮家庭へ食品を 「カーブス三浦海岸駅前」が保存食寄贈

困窮家庭へ食品を 「カーブス三浦海岸駅前」が保存食寄贈

話題 神奈川新聞  2019年02月27日 11:21

米や調味料など段ボール10箱分の食料品が贈られた=カーブス三浦海岸駅前
米や調味料など段ボール10箱分の食料品が贈られた=カーブス三浦海岸駅前

 女性専用のフィットネスクラブ「カーブス三浦海岸駅前」(三浦市南下浦町上宮田)は19日、会員から寄せられた米などの保存食を市社会福祉協議会に寄贈した。

 クラブを全国展開する「カーブスジャパン」(東京都港区)は2007年から、家庭で余った食材を福祉団体などを通じて経済的に苦しい家庭などに届ける「フードドライブ」に取り組んでいる。

 寄贈はその一環で、1月15日から1カ月間、会員から食材を募り、カレールーや缶詰など常温で保存できる未開封の食品を段ボール10箱分集めた。

 市社協は今後、市内の生活困窮世帯などに提供する。市社協は「有効に活用したい。市内に善意の輪が広がってほしい」としている。


シェアする