1. ホーム
  2. 政治行政
  3. ポイント還元制度の対象基準再考へ 世耕弘成経産相

ポイント還元制度の対象基準再考へ 世耕弘成経産相

政治行政 神奈川新聞  2019年02月21日 11:56

 消費税増税時の中小企業対策として実施されるキャッシュレス決済でのポイント還元制度を巡り、世耕弘成経済産業相は20日の衆院予算委員会で、対象となる「中小企業」の線引きに資本金や従業員数以外にも基準を設ける考えを示した。国民民主党の後藤祐一氏(比例南関東)への答弁。

 中小企業基本法は、中小企業の定義を小売業だと資本金5千万円以下または従業員50人以下としている。後藤氏は、課題が多いポイント還元制度に反対する姿勢を示した上で、この線引きだと全国展開の家電量販店やレストランの中にも税金で支援される企業が出てくると指摘。公正な競争のために「年間の売上高でも制限をかけるべきではないか」とただした。

 世耕氏は、基本は同法で定める中小企業の定義を利用したいとした上で、「誰が見ても大企業だという会社でも一部、(資本が)過小になっている」と説明。こうした企業に対しては売上高を念頭に「一定の適切な基準を設けたい」と応じた。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 【写真特集】台風15号の被害状況

  2. 【台風15号】護岸崩壊、工場に海水 数百社被災か、横浜

  3. 【台風15号】停電続いた鎌倉で支援広がる 銭湯、無料も

  4. 【台風15号】浸水の工業団地、被災750棟か 横浜

  5. JR東海道線大磯駅で男性はねられ重体 1500人に影響

  6. 動画 【台風15号】陸上自衛隊が倒木撤去、鎌倉

  7. 【台風15号】県内の建物被害、15市町村に

  8. 今季初、インフルエンザで学級閉鎖 川崎の市立小学校

  9. 【台風15号】横浜港にも爪痕 浮きドックやシーバス漂流

  10. 160人のわいせつ画像撮影、提供か 動画販売業の男逮捕