1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 「日米地位協定改定を」 藤沢市議会委が請願採択

「日米地位協定改定を」 藤沢市議会委が請願採択

政治行政 神奈川新聞  2019年02月26日 02:00

 藤沢市議会総務常任委員会は25日、全国知事会の提言に基づき、日米地位協定の抜本的改定を求める意見書を政府に提出するよう求めた請願を賛成多数で採択した。

 請願は市民団体「ふじさわ・九条の会」が提出。▽日米地位協定は1960年の締結以来一度も改定されていない▽米軍機に日本の航空法は適用されず、県内の住宅、学校、病院の上を昼夜低空飛行している▽米兵の犯罪裁判権は米軍が優先するなど米軍が特権を有している-ことなどを訴え、地位協定の改定を求めている。

 同協定を巡っては、全国知事会が昨年8月、政府に提言書を提出。協定を抜本的に見直し、航空法や環境法令など国内法を原則として米軍にも適用させることや、米軍人らによる事件、事故に対し、具体的かつ実効的な防止策を提示し、継続的に取り組みを進めることなどを求めている。

 同委員会は採択を受け、3月20日の本会議で意見書提出を発議する。


藤沢市役所
藤沢市役所

シェアする