1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 横須賀市小川町の市有地、ホテル横須賀に

横須賀市小川町の市有地、ホテル横須賀に

政治行政 神奈川新聞  2019年02月19日 17:00

 横須賀市は19日、横須賀中央地区にある市有地「旧三笠駐車場用地」(同市小川町、約1040平方メートル)にホテルを整備する事業予定者が、「ホテル横須賀」(本店・同市米が浜通、長尾和典代表取締役)に決まった、と発表した。

 昨年10月から公募し、同社を含む3者が応募。うち2者が有識者でつくる選考委員会による一次審査を通過し、見積もり合わせの結果、同社がより高い8億800万円を提示した。同社は市と売買契約を締結した後、3月中にもホテルの計画を公表する予定。

 市は市有地を時間貸し駐車場として暫定利用していたが、市内観光を活性化させる宿泊客を増やすため、売却してホテルを誘致する方針を決めていた。


シェアする