1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 二宮町予算案、4年ぶりプラス編成 役場庁舎移転など

二宮町予算案、4年ぶりプラス編成 役場庁舎移転など

政治行政 神奈川新聞  2019年02月19日 17:00

二宮町役場(資料写真)
二宮町役場(資料写真)

 二宮町は19日、2019年度当初予算案を発表した。一般会計は4年ぶりのプラスで7億円超の増額となった。18年度から引き続き、し尿等下水道投入施設整備や役場庁舎移転に向けた事業費などで大きく予算がかさんだ。

 歳入の4割を占める町税は個人町民税が伸び悩み、0・4%のマイナス。町債は18年度の5割増に及ぶ約8億5千万円で、さらに財政調整基金を1億円取り崩して財源不足を補う。

 歳出は扶助費の増大に歯止めがかからず1億5千万円が増額。子育てサロンや小中学校給食センターの民間委託を進めて事業の安定化を図り、子育て支援の拡充を目指す。


予算案
予算案

シェアする