1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 新庁舎予定地から縄文土器 県、発掘調査で発注延期

新庁舎予定地から縄文土器 県、発掘調査で発注延期

政治行政 神奈川新聞  2017年06月29日 02:00

 県は28日、県津久井合同庁舎新築工事の発注を延期すると発表した。相模原市緑区中野の現庁舎敷地内にある工事予定地から、住居の柱跡とみられる遺構や縄文土器などが見つかり、発掘調査を行うためという。

 発見されたのは、平安時代の竪穴住居とみられる柱の跡と、縄文式や土師(はじ)器、須恵器の土器片。以前から埋蔵文化財があるとされてきた場所で、5月10、11日に文化財保護法に基づく試掘を実施していた。

 計画では現庁舎敷地内北側に新庁舎を建てて、2019年3月に移転。現庁舎跡地に津久井署が移る予定だったが、遅れが見込まれている。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会