1. ホーム
  2. 話題
  3. 港北ニュータウンの成り立ちを紹介 歴史博物館で講演会

港北ニュータウンの成り立ちを紹介 歴史博物館で講演会

話題 神奈川新聞  2019年02月19日 01:25

 横浜市都筑区の現代史を学ぶ郷土講演会「港北ニュータウンの成り立ちから見た現在」が23日、同区の市歴史博物館で開かれる。同博物館と区役所、都筑図書館による連携事業で、受講者を募集している。

 都筑区制25周年の今年刊行される「図説 都筑の歴史」のプレイベント。東京都市大学の教授で、居住環境やコミュニティー再生、都市計画などを専門分野とする室田昌子さんが講師を務める。

 港北ニュータウンのまちづくりや住民意識、空き家問題などを研究してきた室田さんは、「港北ニュータウンは住民参加によって開発され、緑道に結び付けられた多様なオープンスペースが整備された街」とし、「住民参加は今もさらに発展している」と指摘。その成立から現在までの歩みを紹介する。

 先着170人。申し込み、問い合わせは同図書館電話045(948)2424。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会