1. ホーム
  2. 選挙
  3. 小林氏が4選 「多選」批判はね返す 厚木市長選

小林氏が4選 「多選」批判はね返す 厚木市長選

選挙 神奈川新聞  2019年02月18日 17:00

4選した小林常良氏
4選した小林常良氏

 任期満了に伴う厚木市長選が17日投開票され、無所属で現職の小林常良氏(69)が、元市議の石射正英(65)=自民推薦=と、元県議の佐藤知一(49)=神奈川ネット推薦=の無所属新人2氏を破り4選を果たした。

小林常良氏の横顔

 生まれ育った厚木市に1972年に入庁、91年に市議に転身した。市議3期、県議1期を経て2007年の市長選で初当選。「市民協働」「現地対話主義」が信条。座右の銘は論語の「(民)信無くば立たず」。信頼が失われれば政治は成り立たないとする。

多選条例 自ら対応一問一答

 小林常良市長は18日、当選証書付与式の後に取材に応じ、選挙戦でも論点になった多選自粛条例のあり方などについて語った。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする