1. ホーム
  2. 高校野球
  3. ナインにエール、学校で壮行会 選抜高校野球出場の桐蔭学園

ナインにエール、学校で壮行会 選抜高校野球出場の桐蔭学園

高校野球 神奈川新聞  2019年02月16日 00:24

壮行会で岡田直哉校長(中央左)から選抜旗を手渡される桐蔭学園の森主将(中央右)=桐蔭学園高
壮行会で岡田直哉校長(中央左)から選抜旗を手渡される桐蔭学園の森主将(中央右)=桐蔭学園高

 第91回選抜高校野球大会(3月23日から12日間・甲子園)に出場する桐蔭学園の壮行会が15日、横浜市青葉区の同校で開かれ、生徒や保護者ら約300人が、16年ぶりの聖地に挑むナインにエールを送った。

 桐蔭は昨秋の県大会で準優勝すると、続く関東大会で24年ぶりに優勝を果たしてセンバツ切符をつかみ取った。片桐健一監督(45)は「個々の能力ではなく、一人一人が自分の役割にプライドを持ってプレーしてきた。一生懸命、力を発揮して頑張りたい」と力強く語った。

 関東大会の初戦で逆転サヨナラ満塁アーチを放つなど勝負強さでチームを引っ張ってきた森敬斗主将(2年)は「全員で一戦必勝で挑みたい」と闘志を燃やした。

 壮行会では岡田直哉校長から森主将に開会式で掲げる選抜旗が手渡され、大きな拍手が湧いた。岡田校長は「16年ぶりの甲子園で周囲の盛り上がりは最高潮だが、主役は現役の皆さん。甲子園で存分に暴れて桐蔭の新しい野球を見せてほしい」と激励した。

 また、1月の全国高校ラグビー大会で準優勝したラグビー部、昨夏の全国高校総合体育大会で団体3位に入った男女柔道部と女子剣道部の活動報告も行われた。


シェアする