1. ホーム
  2. 選挙
  3. 三つどもえ、「多選」問う 厚木市長選、17日投開票

三つどもえ、「多選」問う 厚木市長選、17日投開票

選挙 神奈川新聞  2019年02月15日 17:00

左から届け出順、佐藤知一氏、小林常良氏、石射正英氏
左から届け出順、佐藤知一氏、小林常良氏、石射正英氏

 任期満了に伴う厚木市長選は17日、投開票される。立候補しているのは届け出順に、いずれも無所属で、新人で元県議・佐藤知一(49)=神奈川ネット推薦=と、4選を目指す現職・小林常良(69)、新人の元市議・石射正英(65)=自民推薦=の3氏。16年ぶりの三つどもえの選挙戦が繰り広げられている。

 小林氏は、2007年の市長選で4選を期した当時の現職に多選批判を展開して初当選。その後、市長任期を「連続3期まで」とする努力規定のある多選自粛条例を制定につなげた。こうした経緯があり、現職の「多選」の是非が主な争点となっている。

 佐藤氏は、「多選阻止が一丁目一番地」と強調。現市政による本厚木駅前への市庁舎移転の構想に財政面や防災の懸念から反対を唱える。福祉施策の充実、大規模団地の再生も掲げる。

 小林氏は、将来の経営基盤の確保に向けた土地区画整理事業の推進や本厚木駅南口の再開発などを挙げ、「多くの事業を抱える現職の責任を全うしたい」と市政継続に理解を求める。

 石射氏は、健康寿命の延伸のほか、75歳以上の路線バス利用や学校給食、転入者の固定資産税を条件付きで無料化する政策を掲げ、「厚木のにぎわいを取り戻したい」と主張する。

 9日時点の有権者数は、18万5432人(男9万5976人、女8万9456人)。

立候補者 (届け出順)
 佐藤 知一  49  元県議  無新 
 小林 常良  69  市長  無現(3) 
 石射 正英  65  元市議会議長  無新 

 【読み方】氏名、投開票日現在の満年齢、現在の主な職業・代表的肩書、所属党派(無=無所属)、現職・新人の別、当選回数


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 【台風19号】河川水位が各地で上昇 中小河川も危険

  2. 【写真特集】台風19号 神奈川各地の状況

  3. 【台風19号】「城山ダム放流へ」流域住民、避難所に殺到

  4. 【台風19号】多摩川氾濫の恐れ、川崎市が避難指示

  5. 多摩川・鶴見川、氾濫の恐れ 台風で川崎市が避難勧告

  6. 【台風19号】城山ダム、緊急放流へ 相模川流域で浸水も

  7. 高潮の恐れ、川崎・川崎区の一部に避難勧告

  8. 横浜・瀬谷区の一部に避難勧告

  9. 【台風19号】各地に避難所開設、住民避難が急増

  10. 【台風19号】城山ダム緊急放流、午後5時は見送り