1. ホーム
  2. 社会
  3. 痴漢示談の横浜市職員、停職8カ月に 15年前にも痴漢

痴漢示談の横浜市職員、停職8カ月に 15年前にも痴漢

社会 神奈川新聞  2019年02月15日 08:51

横浜市役所
横浜市役所

 横浜市は15日、都内の店舗で女性の下半身を触ったとして、東京都迷惑防止条例違反容疑で現行犯逮捕された市健康安全課の男性職員(43)を停職8カ月の懲戒処分にした、と発表した。

 市によると、職員は昨年5月24日午後7時ごろ、都内の雑貨店店内で、買い物中の女性の下半身を触ったとして、警視庁蒲田署に現行犯逮捕された。職員は帰宅途中の電車内で女性を見掛け、店まで付いていった。同年7月に被害女性と示談が成立し、職員は不起訴処分になった。

 逮捕後、市が聞き取り調査をしたところ、職員が15年前にも電車内で痴漢行為をして交番で厳重注意されたと報告。市によると、職員は当時、職場に報告しなかった。


シェアする