1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 横須賀市予算案、大型建設事業で膨張

横須賀市予算案、大型建設事業で膨張

政治行政 神奈川新聞  2019年02月14日 17:00

横須賀市役所
横須賀市役所

 横須賀市は14日、2019年度当初予算案を発表した。一般会計は2年連続のプラス編成。大型の建設事業で膨らみ、横須賀芸術劇場を建てた1993年度に次ぐ過去2番目の規模となった。

 歳入は、市税が前年度比0・4%減。市内大手企業の業績悪化を受けて法人市民税を同2・8%減と見込む。三浦市とのごみ処理広域化、中学校給食、増加する社会保障費などの財源を確保するため、財政調整基金を56億3千万円取り崩し、市債も38・6%増の177億3700万円発行する。

 歳出では、廃棄物広域処理施設や給食センター整備で普通建設事業費が49・6%増、幼児教育・保育無償化への対応などで扶助費が5・5%増。

「再興」向け積極投資

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする