1. ホーム
  2. 話題
  3. 横浜みやげ、市長賞に「ぶぶあられ」 新たに189商品

横浜みやげ、市長賞に「ぶぶあられ」 新たに189商品

話題 神奈川新聞  2019年02月14日 02:33

横濱001の認定商品をアピールする受賞企業の担当者=横浜市中区の関内新井ホール
横濱001の認定商品をアピールする受賞企業の担当者=横浜市中区の関内新井ホール

 横浜のお土産ブランド、ヨコハマ・グッズ「横濱001」の第18期認定商品が決まり、12日、市内で開かれた記者発表会で披露された。今回は食品や雑貨など95社から全189商品が選ばれ、市長賞と審査員特別賞が贈られた。一般社団法人「YOKOHAMA GOODS 001」の主催。

 横濱001の認定は、1989年の横浜博覧会を機にスタート。国内外に横浜の魅力を伝えようと、2年に1度の認定審査会で「横浜のライフスタイルにあった商品」を選出している。

 最優秀賞に当たる市長賞に選ばれたのは、香ばしく焼き上げた小粒のあられに伝統の胡麻(ごま)油をまぶし、濃い口しょうゆで味付けをした「横濱ぶぶあられ」(岩井の胡麻油)と、開港当時の横浜をイメージする錦絵をベースにした法被「横濱開港はっぴ」(関東化染工業所)。

 岩井の胡麻油の岩井徹太郎社長は、「ぶぶあられ」がお茶漬けやビールに合うとPRしつつ「横浜の味をかみしめてほしい」と呼び掛けた。
  ◇
 審査員特別賞は次の通り。

 横浜農場 小松菜カレー(エクスポート)▽CITY TOTE DENIM(キタムラ・ケイツウ)▽ヨコハマベイブリッティ(クールマーク)▽横浜和たおるシリーズ(ケイス 濱文様)▽横浜めんたい(横浜たにや ぎょらん工房)▽ハマワイン(横濱ワイナリー)


シェアする