1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 通行再開、「早くて20年度」 崩落危険の北鎌倉トンネル

通行再開、「早くて20年度」 崩落危険の北鎌倉トンネル

政治行政 神奈川新聞  2019年02月13日 17:00

JR北鎌倉駅の脇にある素掘りトンネル(2015年4月)
JR北鎌倉駅の脇にある素掘りトンネル(2015年4月)

 崩落の危険性から4年近く通行止めとなっているJR横須賀線北鎌倉駅(鎌倉市山ノ内)脇の素掘りトンネルについて、鎌倉市の松尾崇市長は13日、通行再開の時期について「早くて2020年度」との見通しを示した。

 外部の点検調査で崩落の恐れがあるなどと指摘され、市は15年4月に通行を禁止に。市は先月末までに安全を確保するための工法を3案まとめ、19年度当初予算案に詳細設計費として1800万円を計上した。

 市長は「3案のうち1案に絞り、早期に設計作業に入れるよう調整する。19年度中に何とか工事に入れるよう取り組む」とした。

 同日の市議会2月定例会で、長嶋竜弘氏(無所属)の質問に答えた。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 【写真特集】台風15号の被害状況

  2. 【台風15号】護岸崩壊、工場に海水 数百社被災か、横浜

  3. 【台風15号】停電続いた鎌倉で支援広がる 銭湯、無料も

  4. 【台風15号】浸水の工業団地、被災750棟か 横浜

  5. JR東海道線大磯駅で男性はねられ重体 1500人に影響

  6. 動画 【台風15号】陸上自衛隊が倒木撤去、鎌倉

  7. 【台風15号】県内の建物被害、15市町村に

  8. 今季初、インフルエンザで学級閉鎖 川崎の市立小学校

  9. 【台風15号】横浜港にも爪痕 浮きドックやシーバス漂流

  10. 160人のわいせつ画像撮影、提供か 動画販売業の男逮捕