1. ホーム
  2. 経済
  3. 今年も赤レンガでフラワーガーデン 「港見える」がテーマ

今年も赤レンガでフラワーガーデン 「港見える」がテーマ

経済 神奈川新聞  2019年02月12日 01:40

横浜赤レンガ倉庫(横浜市中区)で開催。色とりどりの草花が咲き誇る(2016年撮影)
横浜赤レンガ倉庫(横浜市中区)で開催。色とりどりの草花が咲き誇る(2016年撮影)

 横浜赤レンガ倉庫(横浜市中区)で3月29日から4月21日まで、約8千株の草花を使用して演出した「フラワーガーデン2019」が開かれる。

 4月に開館17周年を迎える同倉庫のリニューアル記念として開催している春の恒例イベント。今年は開港160周年を迎える横浜港を一緒に楽しんでもらおうと「港の見えるフラワーガーデン」をテーマとした。

 また「花と食」の文化が融合したドライフラワーカフェ&バーを併設し、食べられる花を使った食べ物や飲み物が楽しめる。

 NPO法人横浜シティガイド協会による横浜公園のチューリップ観賞や、港の見える丘公園のバラ巡りなどのツアーを連動企画として開催する。フラワーガーデンは入場無料。問い合わせは、横浜赤レンガ倉庫2号館電話045(227)2002。


シェアする