1. ホーム
  2. 経済
  3. 中小企業の事業継承へ 川崎商工会議所がM&Aの協定結ぶ

中小企業の事業継承へ 川崎商工会議所がM&Aの協定結ぶ

経済 神奈川新聞  2019年02月11日 17:00

 川崎商工会議所(川崎市川崎区)は、中堅中小企業の合併・買収(M&A)支援会社「日本M&Aセンター」(東京都千代田区)とM&A業務に関する協定を結んだ。

 黒字でも後継者がいないために廃業する中小企業を減らすことが目的。親族や従業員以外の第三者への事業承継を推進するため、同商議所と同社で情報交換などを行う。

 「中小企業者の事業承継に関する連携協定」を締結している同商議所や市など4団体は昨年10月、同社の子会社で小規模企業専門のM&Aサービス会社「アンドビズ」(同区)と中小企業の事業承継を支援する協定を結んでいる。同商議所中小企業振興部の担当者は「新たな協定により、小規模企業だけではなく、中堅中小企業の事業承継への取り組みも進められる」と話している。


シェアする