1. ホーム
  2. カルチャー
  3. 甘い香り漂う 箱根・ユネッサンでチョコ風呂

甘い香り漂う 箱根・ユネッサンでチョコ風呂

カルチャー 神奈川新聞  2019年02月10日 17:00

箱根小涌園ユネッサンで開催中の「チョコレート風呂」
箱根小涌園ユネッサンで開催中の「チョコレート風呂」

 14日のバレンタインデーに合わせ、箱根町二ノ平の温泉テーマパーク「箱根小涌園ユネッサン」で「チョコレート風呂」が催されている。

 チョコレート風呂には、チョコレートに近い色や香りを付けるため、カカオ成分入りの入浴剤を使用。1日2回、パティシエに扮(ふん)したスタッフによるチョコレートソース1リットルの投入パフォーマンスもあり、甘い香りが浴槽を包んでいる。

 例年2月までの開催だが、ことしは本場ベルギーの同国大使館の後援を受け、ホワイトデーをまたいで3月17日まで開催する。館内ではベルギーチョコレートのケーキを販売するなど「チョコレートフェア」も行っている。

 いずれも高校2年の小林由菜さん(17)、大平侑音さん(17)、佐野愛実さん(17)は「温かくてココアに漬かっているよう。匂いも良くて気持ちいい」と笑顔を見せた。 


シェアする