1. ホーム
  2. 時代の正体
  3. 時代の正体〈670〉「宣戦布告」への答え

ヘイトスピーチ考 記者の視点=川崎総局編集委員・石橋学
時代の正体〈670〉「宣戦布告」への答え

時代の正体 神奈川新聞  2019年02月10日 00:46

 差別を心にまとった人間がどれだけ邪悪で、危険な存在になれるのかを、この人物は身をもって示している。瀬戸弘幸氏、66歳。古くはナチズムに傾倒してネオナチ団体を立ち上げ、現在は極右政治団体にして差別扇動団体「日本第一党」の最高顧問を名乗る古参のレイシストである。

 川崎駅周辺で行われたヘイトデモに果樹園を営む福島から参加したのは2015年3月。以来、デモや集会を川崎市内で繰り返し、在日コリアンを標的にへイト活動を執拗(しつよう)に続ける。その瀬戸氏がブログで「宣戦布告」と銘打った動画を掲載したのは今月4日。人々が行き交うJR川崎駅東口前で撮影された映像のなか、瀬戸氏は決定的なひと言を発している。

 「川崎市では在日コリアンがどんな犯罪を行っても処罰されることは一切ない。在日朝鮮人だけは何をやっても許される。それが川崎という街だ」

 県警も市もあきれながら「事実ではない」と否定する誰の目にも明らかなデマ。しかし、妄言に依拠する誹謗(ひぼう)中傷はとどまるところを知らない。

 「われわれはこういう現状を打破するために活動している」「必ずや彼らは牙をむいて、われわれの集会に妨害を加えてくる」「市役所も警察署も何にもしようとしない。またもや彼らの妨害活動を容認する姿勢がみられる」

 差別の扇動という許されない人権侵害を繰り返しているから市民の抗議を受けているというのに、虚構まで用いて加害と被害を転換してみせる卑劣。ここに典型的な差別扇動の手口をみる。例えば、カナダの人権法のガイドラインはヘイトスピーチの特徴を11の類型で示しているが、瀬戸氏の発言はそのうちの二つ、「ターゲット集団が社会の主要な組織を支配して他者の生存や安全などを奪う強力な敵として描かれている」「ターゲット集団が本質的に危険または暴力的な存在として描かれている」に当てはまる。

 特定の民族を暴力的かつ敵対勢力であるかのように仕立て、憎悪と迫害をあおる-。だからこそ「日本人」「われわれ」は強調されるのだった。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング