1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 小中学校に看護師を配置、相模原市 医療的ケア児へ

小中学校に看護師を配置、相模原市 医療的ケア児へ

政治行政 神奈川新聞  2019年02月07日 17:00

相模原市役所
相模原市役所

 相模原市は2019年度、日常的に医療的ケアが必要な子ども(医療的ケア児)のため、市立小中学校に看護師を配置する取り組みを始める。たんの吸引や胃や腸にチューブで栄養を注入する「経管栄養」などを行うことで、医療的ケア児の学校生活や学びを支える。配置する学校数は未定。

 市は19年度当初予算案に1221万円を計上し、12日開会の市議会に提案する。

 3人程度の非常勤看護師を直接雇用するほか、市内の訪問看護ステーションも活用。子どもや保護者のニーズを把握し、それぞれの主治医の指示書を基に支援態勢を決める。主治医と市教育委員会が認めれば、酸素療法の酸素ボンベの交換や、カテーテルを用いて尿を排出する導尿も行う。

 市教委学校教育課によると、保護者が子どもと一緒に学校を訪れ、医療的なケアを担っているケースが多いという。子どもたちの自立を支え、保護者の負担軽減も図る狙い。

 周辺では厚木、大和、海老名、綾瀬市、愛川町などでも導入されている。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. ブルーライン延伸、有力ルート案に市民意見募集へ 川崎市

  2. 横須賀市内で5900軒停電

  3. ロマンスカーにはねられ、女性死亡 厚木市内の踏切

  4. 「裏横浜」にようこそ 10月にツアー、参加者募集

  5. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  6. 【写真特集】台風15号の被害状況

  7. 破天荒が4連覇 相模原でよさこいイベント 45チームが熱演

  8. サーファー男性が溺れて死ぬ 鵠沼海岸

  9. 水没車引き上げ作業中に死亡 ワゴン車と乗用車に挟まれる

  10. 【台風15号】ボランティア活動開始 横浜の工業団地