1. ホーム
  2. 話題
  3. 「命は平等」伝える 小中高生がミュージカル披露 横浜

2月9、10日
「命は平等」伝える 小中高生がミュージカル披露 横浜

話題 神奈川新聞  2019年02月07日 03:20

本番に向けてミュージカルの練習に励むメンバーら =横浜市青葉区
本番に向けてミュージカルの練習に励むメンバーら =横浜市青葉区

 横浜市青葉区などの子どもたちが演じるミュージカル「いのちの奏(かなで)」が2月9、10の両日、同区市ケ尾町の青葉公会堂で開かれる。小学3年から高校3年までの計35人が心温まる舞台を披露する。

 青葉区小中高生ミュージカルは、地域の子どもたちの異年齢交流を目的に、実行委員会の主催で2001年から上演。地元の歴史や自然を織り込んだオリジナル脚本や音楽を使い、プロの演出家が指導している。

 「いのちの奏」は劇作家サカイリユリカさんによる新作脚本。区内にある古墳群を見学した中学生がタイムスリップするストーリーで、現代と古墳時代を交錯しながら、命は平等とのメッセージを伝える。

 重圧から高圧的な態度を取る豪族を演じる高校2年の高橋一尋さん(17)は「中学の部活でプレッシャーを感じながら部長を務めた経験を演技に生かしたい」と話し、「幅広い年代で作る温かい雰囲気のミュージカルを見に来てほしい」と来場を呼び掛けた。

 9日は午後6時半、10日は午前11時と午後3時から開演。チケットは一般2千円(前売り1800円)、中高生千円(同800円)、小学生500円。問い合わせは実行委員会電話090(1703)5926。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会