1. ホーム
  2. 話題
  3. 平和に欠かせぬ人権 川崎で講座

平和に欠かせぬ人権 川崎で講座

話題 神奈川新聞  2019年02月07日 03:17

 人権の大切さを学ぶ川崎市ふれあい館(川崎区桜本)の連続講座「時代を見つめる市民の眼(め)-わたしの想(おも)いと活動」が2月8日から同館で始まる。新聞記者や市民運動に取り組む若者を講師に、自分らしく、平和に生きるために欠かせない人権について考えを深める。4回続きでいずれも無料。

 初回は、毎日新聞社写真記者の後藤由耶さんが「インターネットで広がる差別の加害と被害現場を取材して」と題して語る。

 以降の日程と講師、演題は以下の通り。

▽2月15日=ヒバクシャ国際署名連絡会・キャンペーンリーダーの林田光弘さん、「ヒバクシャ国際署名の活動を通して戦争被害を考える」

▽3月1日=トランスジェンダーで武蔵大大学院生の中島潤さん、「ありのままに-LGBT課題を、私たちの人権問題として考えるために」

▽3月9日=政治や社会問題に取り組む大学生の中山美幸さん、奈良みゆきさん、「若者と共に考える社会」。

 午後7時から(最終回のみ午後5時から)。問い合わせは、同館電話044(276)4800。


シェアする