1. ホーム
  2. 選挙
  3. 「やり残したことある」 黒岩知事が3選出馬を正式表明

「やり残したことある」 黒岩知事が3選出馬を正式表明

選挙 神奈川新聞  2019年02月06日 17:00

知事選への出馬を表明する黒岩知事=6日夜、横浜市内のホテル
知事選への出馬を表明する黒岩知事=6日夜、横浜市内のホテル

 任期満了に伴う知事選(3月21日告示、4月7日投開票)で、黒岩祐治知事(64)は6日、3選を目指して無所属で立候補すると正式表明した。横浜市内で会見し、「やりがいのある8年でそれなりに形になったが、まだやり残したこともある」と強調。未病改善の取り組みなど、黒岩県政の継続に意欲を示した。

 知事は2期8年の実績について「『いのち輝くマグネット神奈川』として、国に先駆けた独自提案をやり、国も動いた」と説明。気力や体力は「大変充実している」とする一方、再生可能エネルギーの数値目標や健康寿命を延ばす取り組みが未達成とし、「まだまだ取り組まなければいけない」と述べた。

 また、9月に開幕するラグビーワールドカップ(W杯)や来年の東京五輪に触れ、「努力して勝ち取ったからこそ、最後まで見届けたい」と力を込めた。

 政党への支援要請については「共産党以外はすべてお願いをする」と説明。過去2回の知事選と同様に、与野党を問わず「オール神奈川」の態勢を目指すとの考えを示した。

 約40分の会見で知事はこれまで手掛けた事業への思いを中心に語り、新たな政策集などは公表しなかった。同席した後援会の小谷昌会長(元京浜急行電鉄会長)は「2期の成果は大いに評価できる。8年の実績を踏まえ、県民に信を問いたい」と述べた。

 知事はフジテレビの元キャスターで、2011年の知事選で自民、民主(当時)、公明など与野党による推薦を受けて初当選。一騎打ちとなった15年もほぼ同様の構図で219万票を獲得し、共産党推薦の新人に圧勝した。

 今回の知事選では、新人で市民団体代表の岸牧子氏(62)が無所属での出馬を表明している。

100歳時代 笑いでつくる
黒岩氏一問一答

 知事選への出馬を表明した黒岩祐治氏は会見で、「みんなが笑い合って、コミュニティーが充実する100歳時代をともにつくっていきたい」と訴えた。

 主な一問一答は、次の通り。

 -自己評価は何点か。

 「80点ぐらい。掲げたビジョンは正しかったと確信を持っている。『100歳時代』など、自分が言ってきたことが広がってきたという実感を持っている。ただ、(再生可能エネルギーの利用促進など)不足している点もあり、満点には至らない」

 -選挙戦で訴えていくことは。

 「新たに『笑いあふれる

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする