1. ホーム
  2. スポーツ
  3. けがから驚異的な回復、DF守田英正 代表離脱、悔しさ糧に

けがから驚異的な回復、DF守田英正 代表離脱、悔しさ糧に

スポーツ 神奈川新聞  2019年02月06日 03:06

雨でぬかるんだピッチで軽快な動きを見せる川崎・守田=沖縄県中城村の吉の浦公園ごさまる陸上競技場
雨でぬかるんだピッチで軽快な動きを見せる川崎・守田=沖縄県中城村の吉の浦公園ごさまる陸上競技場

 J1川崎の成長株、DF守田英正(23)が16日の富士ゼロックス・スーパーカップに照準を合わせ、けがから驚異的な回復を見せている。1月上旬にアジア・カップ直前の代表練習で右脚を負傷。代表を離脱した悔しさを胸に「クラブで果たしたい目標があるし、また代表メンバーに選ばれたい」と決意を新たにした。

 キャンプ地の沖縄・中城村に降りしきる強い雨は、負傷から初めて全体練習に合流した守田のコンディションを確かめるにはうってつけだった。

 ぬかるんだピッチを軽快なフットワークで駆け回り、素早いタッチでボールを回す。「(患部は)どんどん良くなっているし不安もない。あとは筋力を戻してプレーの強度を高めるだけ」。表情に安堵(あんど)感をにじませた。

 1月上旬、アジア・カップに臨む日本代表に招集されながら、練習中に右太もも裏を肉離れを起こした。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする