1. ホーム
  2. 社会
  3. 県立学校技能員を募集 水増し問題受け障害者対象、県教委

県立学校技能員を募集 水増し問題受け障害者対象、県教委

社会 神奈川新聞  2019年02月06日 02:30

神奈川県庁
神奈川県庁

 県教育委員会は、障害者を対象に県立学校の技能員を募集する。中央省庁や自治体による障害者雇用水増し問題を受けて算出した障害者雇用率が2018年6月1日時点で法定雇用率を下回ったことに伴う採用計画の一環。

 県教委は行政職、小中学校事務、教員で障害者を募集していたが、学校技能員は初めてとなる。主な業務は▽校舎・校地の清掃・美化▽緑化、樹木の手入れ、除草▽冷暖房の準備-など。

 県教委によると、18年6月1日時点の障害者雇用率は1・53%で、法定雇用率2・40%を下回っていた。採用計画では、20年12月末までに不足分196・5人(重度障害者を2人、短時間労働者を0・5人と計算)の解消を目指している。

 採用予定数は10人程度。受験資格は1956年4月2日~2004年4月1日生まれ、県内在住など。申込期間は2月6~28日。第1次選考は3月17日に作文考査、2次選考は4月上旬の指定する日に個別面接する。採用予定日は6月1日。

 受験案内・申込書は県庁や各地域県政総合センターなどで配布、県ホームページでも情報提供する。問い合わせは、県教委教育局総務室人事グループ電話045(210)8034。


シェアする