1. ホーム
  2. 話題
  3. テロ対応訓練、箱根登山鉄道箱根湯本駅で 避難手順も確認

テロ対応訓練、箱根登山鉄道箱根湯本駅で 避難手順も確認

話題 神奈川新聞  2019年02月05日 02:52

テロ対応訓練で避難を呼び掛ける駅係員=箱根湯本駅
テロ対応訓練で避難を呼び掛ける駅係員=箱根湯本駅

 箱根登山鉄道は4日、箱根湯本駅(箱根町湯本)でテロ対応訓練を実施した。小田原署や箱根町消防本部などから計約100人が参加、緊急時の対応を確認した。

 同社によると、テロ対応訓練は2016年に続き2度目。前回は強羅駅で実施したが、今回は利用客の多い箱根湯本駅で、陸上自衛隊も参加して一層実践的に訓練した。

 訓練は、駅のホーム上で、不審な男性旅客がペットボトルから刺激臭のする液体を散布したと想定して実施。現場を目撃した駅係員がホームや電車内の旅客を避難誘導し、通報を受けて到着した警察官が立ち入り規制を行う中、消防や自衛隊による救護・除染作業が行われた。

 同社の担当者は「訓練を通じて手順を再確認し、何かあったときに冷静に対応できるようにしていきたい」と話した。


シェアする