1. ホーム
  2. 話題
  3. 和装ワンダフル 横須賀で外国人に伝統文化紹介

和装ワンダフル 横須賀で外国人に伝統文化紹介

話題 神奈川新聞  2019年02月03日 17:00

着付けを体験する来場者=横須賀市立総合福祉会館
着付けを体験する来場者=横須賀市立総合福祉会館

 日本の伝統文化を外国人に紹介する「ジャパン フェスティバル イン よこすか」が3日、横須賀市立総合福祉会館(同市本町)で催された。米海軍横須賀基地の関係者や県内に住む外国人らでにぎわい、生け花や書道などを通じて交流を深めた。

 人気を集めたのは、和服の着付けコーナー。来場者はボランティアに手伝ってもらいながら体験し、着物姿での写真撮影を楽しんでいた。着物は初めてというリリー・ウィルソンさん(9)は「色がカラフルでかわいい。また着てみたい」と話していた。

 会場には、茶道や囲碁、折り紙、けん玉など昔からある作法や遊びを堪能できるブースが設けられた。動物や食べ物をかたどったつるしびなも展示され、ステージで和太鼓の演奏や琉球舞踊も披露された。

 フェスティバルは、市とNPO法人「横須賀国際交流協会」の主催で24回目。


シェアする