1. ホーム
  2. 経済
  3. 藤沢に小田急新商業施設 「ODAKYU 湘南 GATE」

3月22日 グランドオープン
藤沢に小田急新商業施設 「ODAKYU 湘南 GATE」

経済 神奈川新聞  2019年01月31日 17:00

3月にオープンする新商業施設「ODAKYU 湘南 GATE」の外観イメージ(小田急電鉄提供)
3月にオープンする新商業施設「ODAKYU 湘南 GATE」の外観イメージ(小田急電鉄提供)

 小田急電鉄と小田急百貨店は31日、藤沢駅南口の新商業施設「ODAKYU 湘南 GATE」が3月22日にグランドオープンすると発表した。前身の「小田急百貨店藤沢店」は名称を「小田急百貨店ふじさわ」と改め、百貨店と専門店が融合した新たな商業施設としてスタートする。

 小田急電鉄と小田急百貨店は昨年6月、小田急百貨店藤沢店(地上7階、地下1階)の大規模改装に着手。婦人服や紳士服、子供服の売り場だった2階から7階までを全面改装し、地下1階の食料品売り場も一部リニューアルした。

 新商業施設は、「百貨店ゾーン」の1階、地下1階に化粧品・服飾品、食料品売り場を展開。2階から7階までは「専門店ゾーン」として60店が出店する。

 中でも、江ノ電改札口とも直結する2階はおしゃれなカフェやオーガニックスーパーが並び、「湘南の玄関口」であることをイメージできるつくりになる。「食とファッション」がテーマの3階では、地元の精肉専門店「タカギフーズ」による初の飲食店や、藤沢が創業の地であるスパゲティ専門店「JPASTA」などが出店する。また、6階は夏以降に同市南市民図書館と市民ギャラリーが暫定移転する。

 小田急百貨店藤沢店は1985年に開業。91年度には過去最高となる売上高約230億円を記録したが、顧客の高齢化や、大型ショッピングモールの進出などにより、近年は売り上げが伸び悩んでいた。

 小田急電鉄の担当者は「地域の人に長年愛された百貨店の要素と、専門店の強みが一体化した新しい商業施設。多くの方々に気軽に通ってほしい」と話している


シェアする