1. ホーム
  2. 話題
  3. MMで採れたてワカメを味わう 海の環境浄化に関心を

MMで採れたてワカメを味わう 海の環境浄化に関心を

話題 神奈川新聞  2019年01月30日 17:00

大人の背丈ほどに成長したワカメ=臨港パーク(国土交通省関東地方整備局提供)
大人の背丈ほどに成長したワカメ=臨港パーク(国土交通省関東地方整備局提供)

 海の環境浄化に役立つワカメを育成して子どもたちに海への関心を持ってもらおうと、ワカメの収穫体験会が26日、横浜・みなとみらい21(MM21)地区で行われた。家族連れら約250人が採れたての海の幸に触れ、味わった。

 臨港パーク沖に昨年11月、岩手県釜石市のワカメの種糸を付けたイカダを設置。1株約4~5キロ、2メートル近くにまで成長したワカメをダイバーが数人がかりで陸に揚げた。収穫したワカメは853キロに上り、一部はみそ汁の具にしてその場で試食した。

 体験会は、NPO法人「海辺つくり研究会」など18の市民グループでつくる「夢ワカメ・ワークショップ実行委員会」が主催。国土交通省関東地方整備局の共催で、今年で18回目。


シェアする