1. ホーム
  2. 話題
  3. 世界障害者サーフィン、連覇で知事訪問 鎌倉の内田選手

世界障害者サーフィン、連覇で知事訪問 鎌倉の内田選手

話題 神奈川新聞  2019年01月29日 17:00

内田選手知事表敬
内田選手知事表敬

 世界最高峰の障害者サーフィン大会「2018スタンスISA世界アダプティブ・サーフィン選手権」で2連覇を達成した鎌倉市の内田一音選手が29日、県庁を訪れ、黒岩祐治知事に結果を報告した。

 生まれつき左股関節に障害のある内田選手は、2000年からロングボード競技を始めた。昨年12月12~16日に、米・カリフォルニア州で開催された大会では、ボードに立つか膝立ちで乗る「AS-1」の女子クラスに出場し、17年の大会に続き優勝した。

 内田選手は二つの金メダルを首にかけ、「一昨年に続き、2連覇しました」と笑顔で報告。同市の由比ケ浜を誰もが楽しめるバリアフリービーチにするための活動にも触れ、「この2年間、(競技で)有名になって夢をかなえようと頑張っている」と話した。

 知事は「神奈川でもマリンスポーツを盛り上げる機運を醸成している。その中で素晴らしい活躍が力になる」とたたえた。


シェアする