1. ホーム
  2. 話題
  3. 詐欺撲滅の川柳に入選6句、表彰式 生保、県警が協力

詐欺撲滅の川柳に入選6句、表彰式 生保、県警が協力

話題 神奈川新聞  2019年01月26日 02:41

「振り込め詐欺撲滅川柳2018」の表彰式=県警本部
「振り込め詐欺撲滅川柳2018」の表彰式=県警本部

 「サラリーマン川柳」で知られる第一生命保険の主催で、県と県警が協力して募集した「振り込め詐欺撲滅川柳2018」の入選句の表彰式が25日、横浜市中区の県警本部で行われた。入選した6句が紹介され、同社の三好浩之神奈川営業局長は「この川柳が深刻な振り込め詐欺被害を防ぐ啓発や具体策の推進に役立てば」と期待した。

 3者が17年に結んだ地域安全に関する協定の一環で、初めて募集。昨年10~11月に計1254句の応募があった。

 昨年、県警が認知した特殊詐欺の件数(暫定値)は2604件、被害総額(同)は約57億9800万円でともに過去最悪だった。県警の牧智明生活安全部長は「入選句をさまざまな機会で啓発に活用し、振り込め詐欺の撲滅に努めたい」と述べた。


シェアする