1. ホーム
  2. 社会
  3. 横浜地方気象台台長が防災講演会 27日、湯河原

横浜地方気象台台長が防災講演会 27日、湯河原

社会 神奈川新聞  2019年01月26日 01:47

 町民らの防災意識向上につなげてもらおうと、湯河原町中央の町役場第2庁舎で27日、横浜地方気象台の肆矢(よつや)雄三台長を招いた講演会が催される。入場無料。

 同町では昨年7月、台風12号の影響で海の家が全壊するなど、深刻な被害が発生した。以前から神奈川県西部地震や首都直下地震の発生も危惧されていることから「いざというときの防災」について町民らに考えてもらおうと企画した。

 肆矢台長は、気象庁から発表される気象情報や避難行動について説明する予定で、町地域政策課の担当者は「気象災害に備え、防災意識を高めてもらえたら」と話している。

 午後1時半~3時半。定員150人。


シェアする