1. ホーム
  2. 社会
  3. JR御殿場線ICカード利用秒読み 松田駅で研修会

下曽我~足柄間
JR御殿場線ICカード利用秒読み 松田駅で研修会

社会 神奈川新聞  2019年01月21日 17:00

山本駅長(右)から簡易改札機の説明を受ける議連メンバー=JR御殿場線松田駅
山本駅長(右)から簡易改札機の説明を受ける議連メンバー=JR御殿場線松田駅

 JR東海の御殿場線下曽我~足柄間で3月から交通系ICカードの利用が可能になるのに先立ち、沿線の市町などの議員で構成するICカード利用促進議連のメンバー約30人が21日、松田駅(松田町松田惣領)で研修会を行った。

 メンバーは同駅の山本達也駅長から使用できるICカードの種類や、JR東日本、小田急線などの異なるICエリアの乗り越しの方法などの説明を受けた。実際に同駅に設置中の簡易改札機も見学した。

 同議連には2市6町(小田原、南足柄市、中井、大井、松田、山北、開成町、静岡県小山町)の議員が参加。ICカードについて、御殿場線沿線では他線に乗り換えたり、バスを利用したりする人は熟知している一方、遠出しない人はまったく知らないなど、個人差があるという。

 同議連代表の渡辺良孝・山北町議は「今後は乗車だけでなく、買い物など便利な使い方もできることを広めていきたい」と話していた。


シェアする