1. ホーム
  2. 話題
  3. 県知事賞に石井さんデンドロビューム 平塚で「洋蘭展」

丹精込めた洋ラン140点
県知事賞に石井さんデンドロビューム 平塚で「洋蘭展」

話題 神奈川新聞  2019年01月18日 17:00

県知事賞を受賞した石井さんのデンドロビューム(左)をはじめ逸品が並ぶ=ラスカ平塚6階のラスカホール
県知事賞を受賞した石井さんのデンドロビューム(左)をはじめ逸品が並ぶ=ラスカ平塚6階のラスカホール

 湘南蘭友(らんゆう)会主催の「第56回洋蘭展」が18日、JR平塚駅の駅ビル「ラスカ平塚」6階で始まった。気品にあふれた約140点の花々が、色彩と香りで来場者を楽しませている。21日まで。入場無料。

 平塚市内などの愛好家が集まる同会の会員50人のうち、24人が丹精込めて手入れした色とりどりの洋ランが並ぶ。石野好胤会長によると、今回は昨年の猛暑で開花時期が早まり、温度調整に苦労したという。最高賞の県知事賞には石井節子さん(秦野市)のデンドロビュームが輝いた。

 19日午後1時からはチャリティーオークションを実施し、収益は平塚市社会福祉基金に寄付する。午前10時~午後6時(最終日は同5時)。

 その他の主な入賞者は次の通り。(敬称略)
 
▽平塚市長賞 都竹保子(平塚市)
▽湘南蘭友会会長賞 紙谷多佳子(中井町)
▽平塚商工会議所会頭賞 橘川眞佐志(二宮町)
▽ラスカ賞 小松幸子(小田原市)、瀬戸百合子(同)


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング