1. ホーム
  2. 社会
  3. 「118番の日」元AKB篠田さんがPR 海保がPR作戦

「118番の日」元AKB篠田さんがPR 海保がPR作戦

社会 神奈川新聞  2019年01月18日 07:08

「118番」をPRする横浜海上保安部のブース=13日、横浜市中区
「118番」をPRする横浜海上保安部のブース=13日、横浜市中区

 1月18日の「118番の日」に合わせ、海上保安庁は元AKB48のタレント篠田麻里子さんを起用したPR活動を全国で行っている。

 同庁政策評価広報室によると、篠田さんの父親は佐賀県唐津市の唐津海上保安部交通課専門官の篠田裕典さん。同庁が芸能事務所を通して依頼したところ、篠田麻里子さん側が快諾した。

 横浜海上保安部は13日、横浜市中区で行われた「横浜消防出初式」にブース出展し、女性海上保安官の制服に身を包んだ篠田さんのポスターを掲げた。同保安部の担当者は「反応は上々。118番の認知度アップになれば」と期待する。

 118番は海の事故や事件を緊急通報する電話番号で2000年に運用が始まった。第3管区海上保安本部(横浜)によると、2017年の管内の受付件数のうち、99・6%が無言や間違い、いたずら電話だった。


シェアする