1. ホーム
  2. 未曽有に学ぶ
  3. 未曽有に学ぶ〈62〉「阪神」超え 教訓今に

語り継ぐ関東大震災(上)
未曽有に学ぶ〈62〉「阪神」超え 教訓今に

フォロー・シェアボタン

神奈川新聞  2005年11月27日公開  

 「発生が朝の5時46分だったから、犠牲者のほとんどが建物の倒壊、家具の転倒によるものだった」

 7日に催された横浜市西区の消防出初め式。記念講演に立った元市消防局予防部長の荒巻照和(65)は、24年前に起きた「大震災」の記憶をたどり、教訓をかみしめた。

 横浜と同じ港町の神戸が壊滅した1995年1月17日。直後の惨状を神戸市職員が撮影した映像を流しながら、指摘した。「火災に対する考え方が脆弱(ぜいじゃく)だったようで、非常に怖いシーンが出てくる」

 映し出されたのは、炎上する家々をすぐそばで見つめ、逃げようとしない人々の姿。消火作業はままならず、「自然鎮火を待つ以外になかった」。「防火水槽を設置していなかったり、プールからの取水ができなかったりして、消火栓を頼るしかなかった」が、道路は寸断されていた。

 6437人の死者・行方不明者を出した阪神大震災が浮き彫りにしたのは、その一つ前の「大震災」で露呈した過密都市の脆(もろ)さだった。建物がつぶれると火災が起き、やがて燃え広がる-。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 0歳が頭部骨折 車衝突に巻き込まれ母子が重軽傷 相模原

  2. 動画 【台風19号】川崎の大規模浸水、2つの原因浮上

  3. 高校野球秋季関東大会 東海大相模、来春のセンバツ確実に

  4. 【台風19号】インフラ寸断、温泉打撃… 箱根に災禍再び

  5. 高校野球秋季関東大会 桐光、準決勝進出を逃す

  6. 宮ケ瀬ダム放流開始 国交省、台風20号接近に備え

  7. 高校野球秋季関東大会 県勢2校、21日準々決勝 東海は習志野、桐光は桐生第一

  8. 【写真特集】台風19号 神奈川各地の状況

  9. 【台風19号】横浜港でも被害 海づり施設、氷川丸デッキ

  10. 【台風19号】城山ダム緊急放流、二転三転 下流域は混乱