1. ホーム
  2. 社会
  3. 図上訓練に横浜市など300人参加 地震想定し情報収集

図上訓練に横浜市など300人参加 地震想定し情報収集

社会 神奈川新聞  2019年01月17日 17:00

林市長や幹部職員らが出席した市災害対策本部会議=横浜市役所
林市長や幹部職員らが出席した市災害対策本部会議=横浜市役所

 阪神大震災から24年の17日、横浜市は大規模地震を想定した図上訓練を行った。市や県警、海上保安庁、自衛隊などから約300人が参加。市災害対策本部の運営手順を確認するなど、危機対応や連携の強化を図った。

 訓練は、相模湾を震源とするマグニチュード(M)8・1の地震が起き、午前中を発生初期、午後を被災者の生存率が急激に低下する72時間を経過したと想定した。

 市役所5階危機管理センターに参集した防災服姿の職員らは「救出・救助」「物資」「帰宅困難者対策」など、局を横断して編成した17のチームに分かれ、被害状況の情報収集などに当たった。

 市災害対策本部会議も開かれ、本部長を務める林文子市長ら幹部職員が被災者の救出・救助に全力で取り組む一方、優先度の高い業務を再開することなどを決めた。

 市緊急対策課は「いざというときに備え、継続して訓練を行うことが重要」と話した。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. ブルーライン延伸、有力ルート案に市民意見募集へ 川崎市

  2. 横須賀市内で5900軒停電

  3. ロマンスカーにはねられ、女性死亡 厚木市内の踏切

  4. 「裏横浜」にようこそ 10月にツアー、参加者募集

  5. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  6. 【写真特集】台風15号の被害状況

  7. 破天荒が4連覇 相模原でよさこいイベント 45チームが熱演

  8. サーファー男性が溺れて死ぬ 鵠沼海岸

  9. 水没車引き上げ作業中に死亡 ワゴン車と乗用車に挟まれる

  10. 【台風15号】ボランティア活動開始 横浜の工業団地